多磨霊園正門前の石材店。法事や各種祭事を執り行う玉川セレモニーホールも霊園に近くとても便利です。

TEL:042-361-2175 FAX:042-369-6032 営業時間:8:30~17:00
  • お墓・石材の選び方
  • 施工事例
  • こだわりの基礎工事
  • 都立霊園申し込み
  • お墓のリフォーム
  • 悠久 耐震墓石
  • お墓のクリーニング
  • お墓の移転・移設
  • よくある質問

外観

〒183-0004
東京都府中市紅葉丘2-29-7
営業時間 8:30~17:00

Tel.042-361-2175

お問い合わせフォーム

お墓が完成するまでの流れ

HOME  >  お墓が完成するまでの流れ

墓石を決める

1.墓石・デザインを決める

大きく分けて「和型墓石」「洋型墓石」そして最近注目される「デザイン墓石」とあります。お墓の形や大きさに決まりはなく、自由に形を決める事ができます。但し墓地には区画が定められており、区画に収まる大きさになります。墓地によって形式にある程度の規制がある場合もあります。

墓石・デザイン

2.石の種類を決める

お墓は何代にもわたって子孫に受け継がれます。硬度が高く、風化しにくい石を選ぶ事が大切。風化作用に強く、磨くと光沢が出る素材としては花崗岩、安山岩、閃緑岩、斑糲岩等です。
一般的に御影石と呼ばれる石は花崗岩の総称で、墓石として最も人気があり、国内の産地は茨城の稲田みかげ、山梨の甲州みかげ、愛知の三州みかげ、香川の庵治石、山口の徳山みかげが有名です。
現在は多くを輸入しています。中国、イタリア、ウルグアイ、アメリカ、オーストラリア等から様々な石が輸入されています。最近の傾向として関西では青っぽいものが、関東では白系、グレー系や黒系の色が好まれています。

石の種類

刻む文字

3.刻む文字を決める

  • 刻む文字
    墓石に刻む文字は、お寺や霊園により決まりがある場合と、全く自由な場合があります。予め確認をして下さい。
  • 書体
    書体は様々な種類から選べますが、楷書体が好まれます。字体は新仮名遣いよりも旧字を使うのが正式とされていますが特に気にする事はありません。
  • 墓誌に刻む内容
    家のお墓の場合、故人の戒名や死亡年月日等を墓石の側面に刻みますが、墓石とは別に墓誌を建立する事もあります。

お墓を建てる

工事

1.墓石の加工

石材は加工工場で墓石に加工され、その間に墓地では境界石の設置などの工事を行います。
石材店の工事開始から墓石の据え付けが終わるまで早くても数週間かかるのが一般的です。

玉川石材の墓づくりページ

2.開眼法要(かいげんほうよう)

開眼法要とは
お墓を建てたら納骨の前に、墓石を入魂する開眼法要を行います。この儀式を行う事で、墓石が仏塔になります。
地方によって呼び方が異なり、開眼法要・入魂式・魂入れ・お根性入れ等と言われます。
開眼法要を行う時期等詳しくはお問い合せ下さい。

展示場もございます。お気軽に度相談・ご来店下さい。
お墓についてのアドバイス、耐震対策、
アフターサポートも承ります。
墓石に関するは事何でもご相談下さい。

TEL:042-361-2175

お問い合わせ

玉川石材工業株式会社